Menu

ワーキングプアなら知らないと恥ずかしい転職の基礎知識

相続税について税理士に相談するメリット

配偶者をはじめ、身近な人が亡くなったときは相続の対象になります。
相続の対象は、被相続人が所有する金融資産や不動産だけでなく、借金も含まれます。
もし、借金のほうが多い場合は、相続放棄を選べることも知っておきましょう。
相続放棄の大きなメリットは、借金を返済しなくても済むことです。
一方、現金や預貯金、不動産も相続できないことになります。
乱暴な言い方かもしれませんが、「いいとこ取り」はできないのです。
なお、相続放棄の手続きは、被相続人が亡くなってから3カ月以内に行う必要があることも把握しておきたいですね。
また、相続に関しては「基礎控除額」があるため、その金額を上回らない場合は相続税の申告はしなくても済みます。
ほかには、「小規模宅地の特例」や「配偶者の税額軽減」などがあり、それらを活用することで相続税が掛からない場合もあるのです。
ただし「小規模宅地の特例」などの対象になる場合でも、相続人からの申請によって使える仕組みになっています。
このような理由もあり、相続税の申告で迷ったときは税理士に相談することが理想的です。
また、税理士には得意分野があるため、相続問題に詳しい人に相談しましょう。